水素 サプリに関する総合情報・おすすめサプリ

美容・健康・老化防止に効き目があると話題の「水素」

美容や健康に効き目があると話題の「水素」

ただ、水素は無味無臭で目に見えるものではありませんので、口あたりは 商品にもよりますが、大抵の水を飲んでいる感覚と全く変わらないので、実際には分かりにくいです。

この水素水が今、私たちの健康を支えてくれる存在として人気です。

【水素水】とは何か?という基本的なところを解説していきます。 まずは、水素水とは水素分子が高い濃度で溶けている水のことを言いますが医学的には「水素豊富水」とも言います。

もっと具体的に説明します。 水は「水素(H2)」と「酸素(O)」がくっついている状態で、化学式では「H2Oで表し、すでに水には水素があるのですが、水素水はさらに水素を豊富に含ませた水です。

水素分子には、老化や病気の原因となる「活性酸素」を除去する働きがあります。そのため、医療分野での幅広い活用が研究されて増す。

メディアで美容や健康に効果があると取り上げられて知名度が急上昇しました。 また、水素水は厚生労働省が認可している食品添加物ですので、安全かつ安心であり過剰な摂取による副作用といった懸念もありません。
水素水の効果については、インターネットや販売サイトを見るとさまざまな解説がされています。その中でも効果効能を表すポイントで「活性水素」や「水素ラジカル」「プラズマ水素」など、さまざまな呼び名が出てきます。

しかし、これらは水素(H)自体が持つ効果ではなく、学術的に「効果がある」と認められたものではありません。それでは、水素水はどのように選択し購入すれば良いのでしょうか。水素による効果をしっかりと得るためのポイントをご紹介します。それは、水素濃度が表示されている水素水を選ぶ事が重要です。

水素水に含まれる水素濃度については、その数値が厳密に定義されているわけではありません。 したがって、さまざまな水素濃度の水素水が販売されていることに気づくでしょう。

中には水素濃度を表示していない商品もありますが、なるべく表示されている商品を選ぶことをお勧めします。水素は高い圧力をかけることで水の中にいくらでも溶けますので、非常に高い濃度の水素水を製造することも可能です。

しかし、高圧をかけた高濃度の水素水であっても、圧力をかけた直後でない限り、時間の経過とともに常気圧の状態に戻ります。また、容器のフタを開けた瞬間に1.57ppm以上の水素はすぐに逃げてしまいます。そのため、水素濃度は常気圧の限界値である1.57ppmがあれば、十分な濃度と言えるのです。

1.57ppm以上の高濃度が特徴の水素水もあります。

その多くは、スティックタイプのものや高圧で水素ガスを溶け込ませるタイプのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です