水素 サプリに関する総合情報・おすすめサプリ

活性酸素には善玉・悪玉がある

活性酸素には善玉・悪玉がある

悪の権化のように語られる活性酸素ですが、実は身体にとって有益な活性酸素があるのをです。

例えば体中に異物や毒物が入ってくると排除するために免疫機能が働きます。

異物を攻撃するのですが、その時に欠かせないのが善玉活性酸素(過酸化水素、スーパーオキシド等)です。

細菌やカビ、微生物などの異物の去をはじめ、ガン細胞を攻撃するといわれるNK細胞も活性酸素が活用しています。

これに対して、悪玉の活性酸素はヒドロキシラジカルとよばれるもので、体内のさまざまなものと反応して酸化させ、老化をはじめガンやリウマチなどさまざまな病気の原因となります。

多くの組織の酸化はヒドロキシラジカルの寿命が短いため短時間で終わりますが、脂質の酸化は一度起きると連鎖が続くので非常にやっかいなのです。
特に、脂質を酸化させるという事で発生する過酸化脂質は血管の組織を傷つけ、動脈硬化を引き起こしてしまいうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です